記事一覧

200万円台になった、シードゥエラーディープシーDブルー文字盤116660

ディープシーといえば、2018年にモデルチェンジを行ったことが記憶に新しいですが、なんと今年の新作発表で新モデルがデビュー。さらなるモデルチェンジとなったのです。

そうなると、ロレックス スーパーコピー116660は、旧旧型ということになるわけで、2018年に出たばかりの126660も旧型ということになります。

126660は、4年程で生産終了になったことになるわけですが、ここ5年ぐらいのロレックスを見ると、こういった生産年数は珍しくなく、かつてのような『生産年の短さによるレア感』は薄れたともいえます。

また、ディープシーの場合、116660⇒126660では見た目の変化が大きくなく、そうであるがゆえに、116660は、生産終了発覚後一旦上昇するも、その後、下落。結局、生産終了発覚前水準に戻ってしまったという経緯があります。ちなみに、今回登場した136660もまた、見た目の大きな変化がありません。

116660は、そこまで目立って上昇することがなく、とくにこのDブルー文字盤は、2017年頃までの「大人気モデル」という印象からすると、驚くほど値動きしないという状態が続いていたわけです。

さて、そんな116660のDブルー文字盤ですが、先月、久々に「大きく変化する」という値動きとなっていました。

116660 Dブルー文字盤は、2015年から2021年まで長らく150万円前後といった水準だったわけですが、今年3月には190万円台に変化しています。

そして今、116660 Dブルー文字盤は、ついに200万円以上という水準に到達。現在ボトム価格は、約206万円となっているのです。

ロレックス シードゥエラー スーパーコピーDブルー 116660

ザ・タウン』(The Town)は、2010年公開のアメリカ映画。、 ベン・アフレック(英:Ben Affleck) 使用限定モデル、ロレックス シードゥエラー ディープシー Dブルー 116660ロレックス スーパーコピー。彼らは最後の大仕事ということで、スタジアムの襲撃を計画、実行に移されることとなりました。ダグたちは警察の服を盗み、変装するとスタジアムへ入り、金を強奪、全てが順調だと思えた瞬間、ダグは見ました。外には警察車両が取り囲んでいました。ダグたちは警察と激しい銃撃戦を繰り広げます。

3月⇒4月現在の変化は、8万円程度の上昇にとどまりますが、その値動きよりも、116660 Dブルー文字盤が『200万円台になった』ということがインパクトがあると思います。

先のように、116660 Dブルー文字盤は長らく相場が大きく変わらなかったわけですが、そうであるがゆえに、「100万円台⇒200万円台」といった価格ステージの変化は、これまでなかったといえるのです。

そういった意味で、今回116660 Dブルー文字盤が200万円台となったのは、「初の200万円台」というだけでなく、初の価格ステージ変化ともいえるということになります。

なお、このDブルー文字盤、デビューしたのは2014年ですが、その年11月の新品実勢価格は約161万円(安い順の3社平均値)。中古相場だけでなく、デビュー年の新品実勢価格を見ても、これまで200万円台となったことがないわけですから、今の水準は、116660 Dブルー文字盤にとって「大きな1歩」といえるかと思います。


【関連記事】:ファッションに関するプロジェクト一覧

コメント一覧

ヴァンクリスーパーコピー URL 2022年04月14日(木)13時36分 編集・削除

イベントはヴァン クリーフ&アーペルの公式アカウントから事前申し込みできるので気になる人はチェックを