記事一覧

私が知っているのは、この時計がこのリファレンスのなかで数少ないプラチナ製のものであるということだ。

ケースの金属は研磨されておらず、これは私にとっては重要なことだ。スーパーコピーブランド文字盤は無傷で、湿気によるダメージがないことを示している。Cal.1014/2ムーブメントは、ゴージャスでクリーン、信じられないほど正確で、毎日巻き上げると素晴らしい音がして、このよくできた巻き上げ機構を十分に楽しむことができる。また、マッチした純正のプラチナ製マルタ十字のピンバックルは、必需品だと私は思う。

私はいつもこの小さなヴァシュロンを身につけているが、つけるたびにますます愛おしくなる。横幅わずか33mm、厚さ6.3mmというサイズとはとても思えない。ケースはほぼ文字盤で占められるが、プラチナ製で明るく輝き、長めのラグはエレガントな40mmだ。少なくとも35mmの時計と同じように見える。フランネルシャツにジーンズという普段着でも、中年の危機を乗り越えたシャレたレザージャケットでも、ときにはフォーマルな服装でもこの時計は完璧にマッチする。

そして何より、この時計は私とともに歩んでくれる。私は現在52歳だが、この数ヵ月のあいだにこの時計と私は切っても切れない関係になった。それこそが自分にとって重要な時計を買うための必要な条件だったのだ。

私の素晴らしい小さなヴァシュロンは、長きにわたった特異で有益な旅の最終目的地だ。私はストレートなドレスウォッチ、それも小さなものが好きなのだと知った。そして、昔からある比較的華奢な時計を身につけると自分らしさを感じられることも発見した。それが私にとって何を意味するのかはわからないが、年齢がそんなことを気にしない自由を与えてくれた。

また、歳を重ねるにつれ、ソフトモヒカンとは正反対の髪型になり、ハーフパイプのスケートボードを拒む関節や、ブラック・フラッグよりバルトークに傾倒する音楽的嗜好を持つようになっていった。しかし、1980年代に流行した小型のドレスウォッチをはじめ、若いころに抱いていたさまざまな考えや情熱が、50代になって再びよみがえりつつあるのだ。21世紀を迎え、私は一見シンプルに見える20世紀を振り返るようになった。リアルの書店に足を運び、ヴァシュロン・コンスタンタンの光沢ある全面広告が掲載されたリアルの雑誌を手にとって、こう思うのだ。「いつか、この時計を手にしてみたい」

【関連記事】:https://atcopy152.amamin.jp/

コメント一覧

ファッションブランド URL 2022年01月20日(木)15時18分 編集・削除

最新ファッションニュース、ファッションブランド

エンタメニュース URL 2022年01月20日(木)23時10分 編集・削除

ファッションに関するニュース記事一覧。トピックスで扱われた注目ニュースを掲載しています。

シャネル パロディ URL 2022年01月25日(火)21時35分 編集・削除

シャネルファッションに関するニュース記事一覧。トピックスで扱われた注目ニュースを掲載しています。

ブランド時計 コピー URL 2022年01月30日(日)23時25分 編集・削除

歴史に裏打ちされた時計自体の価値にほかならないと言えるだろう

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー